「名古屋医健スポーツ専門学校」で特別講義しました。

最終更新: 4日前

「名古屋医健スポーツ専門学校」には、

7つの学科(スポーツ科学科、鍼灸科、理学療法科、作業療法科、柔道整復科、

子ども保育科、歯科衛生科)があり、他職種連携教育がされています。


私は昨年度から、歯科衛生科2年生子ども保育科1年生の合同授業で、

特別講義をやらせてもらっています。


特別講義を受けた2つの学科の学生さんたちは、グループに分かれ、

保育園での集団歯科指導に向けて、媒体を作ったりシナリオを描いたり、

と合同授業が続きます。



歯科衛生士が保育園や幼稚園で行うことといえば…「歯みがき指導」

大きな口の模型と指導用の歯ブラシを持って、歯のみがき方を指導する…



でも、歯の健康に大事なのはきれいに歯みがきすることだけじゃない!

歯科衛生士が行う歯科保健指導は「歯みがき指導」だけじゃない!


子どもが自分でできる歯の健康づくりを、

子どもたちが喜ぶような歯科保健指導の内容を、

子ども保育科の学生さんたちと一緒に、楽しく考えてくださいね~(^^)/



8回の閲覧

最新記事

すべて表示

ママたちが繋いでくれてます♪

みよし市で活動されている「森のようちえん てんとうむし」さんで 7月に健口講座をさせてもらいました。(その時のブログはこちら) その時に参加して下さっていたママさんが、 「和子さんのお話、ほかのママたちにも聞いて欲しい…」と、 岐阜で講座を開く準備をして下さっています。 「初めての経験で、どうしたらいいかわからないんです・・・」 とおっしゃりながらも、 日時の調整、会場を決めて、案内文を作って、参

「4歳児ブドウ詰まらせ死亡」記事を読んで思うこと。

4歳児がブドウを喉に詰まらせて亡くなった、という事故があり、 このような記事を読みました。 このことで、また、幼稚園や保育園の給食で出される食材が減り、 何でも小さく切って出される・・・ このような事故は、あってはならないこと! だからこそ、 子どもの「よく噛んで食べる」という能力を、 離乳期(1歳6か月頃まで)に、 引き出して、学習させて、身につけさせることが、 すごく大事になる、と私は思います

元気なお口の育て方.png

一冊  1,000円

(税込/送料別)

お母さんたちから受ける相談をもとに、むし歯のこと、離乳食の食べさせ方のことなど25のコラムを一冊にまとめました。離乳期の赤ちゃんにとって、ほんとに大切なこと、伝えたいことばかりです。是非、読んでいただいて、今後の子育てに役立てていただけたら、とても嬉しく思います。
​まとめて10冊以上ご注文いただきますとどこでも出張して「健口づくり教室(60分)」をさせていただきます。
〒453-0041
名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1
地域資源長屋なかむら 
はねっと
代表 中村和子
nakamura.hanetto@gmail.com