「200gくらい食べるようになったけど・・・」

更新日:2020年1月4日

小牧市子育て世代包括支援センターの講座でお話してきました。


1歳になったお子さんのママ、

講座には、以前にも参加してくださっています。


私「何か気になることはありますか? よく食べる?」と尋ねると、


ママ「1回に200gくらいは食べるようになったけど、食べ方がねぇ・・・

   手づかみ食べさせると、はじめは前歯でかじり取って食べてるけど、

   そのうちどんどん押し込んで食べちゃうから・・・」


200gというのは、ごはんやおかずを全部足した離乳食1回分の量のことで、

1歳になった子には、この量が適量になるんだと思います。


ママたちにとって、食事の量はすごく気になることで、

この量を食べないと、どうして食べないんだろう、

どうしたらたくさん食べてくれるんだろう・・・と。



でも、健口講座に参加してくださって、食べる量だけでなく、

子どもの食べ方も気にしてくれるようになり、すごく嬉しいです。


講座に2回、3回と来てくださるママからは、

できるだけフィードバックをもらうようにしています。


ママたちの力を借りながら、

子どもの健口づくりが広がっていくよう、がんばってま~す(^o^)/







閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「咀嚼もモグモグさせることが大事だと思っていましたが、まずは前歯をしっかり使うことが大事ということを知り驚きました。ついつい小さ目にしてから子どもに与えがちですが、自分で噛み切れる固さのものを大きく与えるようにしてこれからはまずは前歯をしっかり使うようにしていきたいです。」 「並びについてはみんなと同様、前歯を使うことが大事なことは知らなかったので驚きました。さっそくりんごの皮付き薄めの輪切りや、

久しぶりに、冊子講座(「元気なお口の育て方」を10冊買っていただいたら、どこでも出張講座!)に行ってきました。 講座に参加してくださったママさんたちから、たくさん感想をいただきましたので、ご紹介したいと思います。 「今回の講座を聞いて1番驚いたのは、重要なのは歯磨きより食生活ということが1番驚きました。 おやつでもチョコ等を食べてしまったり、歯磨きも仕上げ磨きをさせてくれなかったり、やりたくないと

岩倉市子育て支援センターでは、月1回相談日、年2回講座をやらせてもらっています。 上のお子様の時から講座や相談日をご利用してくださっていたママさんが、 お声をかけてくださいました。 お二人目のお子さまは8か月児。 「手づかみ食べ、もう始めてます! ブログに書いてあったお粥パン、よく食べてます!」 ブログを見てくださってるママがいらっしゃった~!!! こんなにアップが少ないブログで申し訳ないですが、