素晴らしい~! 保育園給食!!



I市の保育課さんにお願いして、保育園の給食タイムを見学させてもらいました。


これは、ブロッコリーの胡麻和えです。

この日の献立は、他にクリームシチューとご飯がありましたが、

0歳児クラスの4人の子は、このブロッコリーを始めに食べます。


大きく切ったブロッコリー、しかもこんなにたくさんですが、

どの子も自分で持って、前歯でかじり取って、つめ込むこともしないで、

ぜ~~んぶ、上手に食べていました!(パチパチパチ・・・)


保育士さん

「入園した頃は、どの子も、出された給食をただ見ているだけで、自分から食べようともしません。自分の手で持って、口の周りを汚しながら食べるなんてこと、お家ではしたことないのでしょうね。柔らかくした人参スティックを持たせても、手でぎゅ~とつぶしたりしていますが、そんなことから始めて、少しづつ食べれるようにしていきます・・・半年くらいかけて、やっとです!」と、話してくださいました。


1歳6か月までには、みんな同じ幼児食が食べられるようになっているそうですよ~!


保育士さんは、すごい!!  素晴らしい!!!




20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「4歳児ブドウ詰まらせ死亡」記事を読んで思うこと。

4歳児がブドウを喉に詰まらせて亡くなった、という事故があり、 このような記事を読みました。 このことで、また、幼稚園や保育園の給食で出される食材が減り、 何でも小さく切って出される・・・ このような事故は、あってはならないこと! だからこそ、 「よく噛んで食べる」という能力を、 離乳期(1歳6か月頃まで)に、 引き出して、学習させて、身につけておくことが、 すごく大事になる、と私は思います。 記事