パンは食べるが、ご飯は食べない…

更新日:2020年5月5日

「パンは食べるが、ご飯は食べない」という子がいます。


ママは、「離乳食を始めた頃は、おかゆ食べてたんだけど・・・」と。


離乳食に「パンがゆ」というのがありますが、

食パンにはお砂糖が入っているので、「パンがゆ」はすごく甘い!


赤ちゃんが甘い方を好きになっていくのは、間違いないです!!



だから、私は、

離乳食に「パンがゆ」は、やめた方がいい!

と思っているんです。



パンは、甘くてふわふわしていて、すごく魅力的な食べ物だから、

パン好きな大人はたくさんいるし、私も、実は、パン好きです…


だからこそ、

赤ちゃんのうちから食べさせたら、

本当にご飯食べなくなっちゃう! ってことです~(~_~;)





閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「咀嚼もモグモグさせることが大事だと思っていましたが、まずは前歯をしっかり使うことが大事ということを知り驚きました。ついつい小さ目にしてから子どもに与えがちですが、自分で噛み切れる固さのものを大きく与えるようにしてこれからはまずは前歯をしっかり使うようにしていきたいです。」 「並びについてはみんなと同様、前歯を使うことが大事なことは知らなかったので驚きました。さっそくりんごの皮付き薄めの輪切りや、

久しぶりに、冊子講座(「元気なお口の育て方」を10冊買っていただいたら、どこでも出張講座!)に行ってきました。 講座に参加してくださったママさんたちから、たくさん感想をいただきましたので、ご紹介したいと思います。 「今回の講座を聞いて1番驚いたのは、重要なのは歯磨きより食生活ということが1番驚きました。 おやつでもチョコ等を食べてしまったり、歯磨きも仕上げ磨きをさせてくれなかったり、やりたくないと

天白児童館で令和3年度から始まった、 0歳児向けのイベント「あかちゃんタイム」(年9回)に参加してきました。 今回のメイン内容は食育講座で、 担当されたのは「テーブル悠」さん。 お話しの内容を、要約しますと… 赤ちゃんの栄養で大事なのは、「炭水化物とタンパク質」 炭水化物がないと赤ちゃんは大きくなれないので、これが一番大事。 そして、タンパク質としては「豆腐としらす干しが万能食材!」 プラス、季節