一口に時間がかかるのは、「素晴らしい!」

最終更新: 5月6日

1歳1か月児のママ

「一口食べるのに、時間がかかるんですけど・・・」


で、その様子を詳しく伺うと、

1歳が過ぎて、のど越しのいい物から噛み応えのある物にしている。

たとえば、ゆでた大根とか厚揚げを1センチ角くらいにしたもの。

それを、1つ口に入れてあげると、しばらくモグモグしていている。

なくなるまで次を入れないようにしていると、

食べさせるのに、すごく時間がかかる・・・と。


これを聴いて、私は思わず、「素晴らしい~~!」👏


なぜ、素晴らしいのかというと、

噛み応えのある物は、いきなり飲み込んではいけないことを、

この子は、ちゃんとわかっているからです。


口に入った食べ物を、先ず、舌や頬で感じ取り、

歯や歯ぐきや舌で、噛んだりつぶしたりして、

自分の口を動かして、食べものを小さくしていき、

(この時に口の中に唾液がたくさん出てくる!)

飲み込みやすくなったら、飲み込む。


食べものをちゃんと噛む子になっていくための、まっとうな口使いです!


噛み応えのある物を、ちゃんと噛んで、

安全に飲み込めるまでにするには、時間がかかるのです。


この時間が大切なんです!


そして、

口の中が空っぽになるまで、次を入れないで待っている

ママも、素晴らしいのです👏👏


一口一口、味わって食べるお子さんと一緒に、食事の時間を楽しんで下さい💛



最新記事

すべて表示

仕事はゼロですが、嬉しいことがありました!

お子さんが5か月の頃、冊子「元気なお口の育て方」を買ってくださった方が、 メールとお子さまの動画を送ってくださいました。 「・・・・ 息子は早くも9ヶ月間近で、一日三食とおやつをもりもりと食べております。 今日は皮付きの大きなリンゴを与えてみて、どんな風に食べるのか観察する ことにしました。すると、生えてきたばかりの下の前歯2本で上手に削り取っ て食べていたんです!動画を添付したのでどうぞご覧にな

コップで飲めない、1歳10か月児

味噌汁もスープも、ストローで飲んでいる。 どうしたら、コップで飲めるようになるか・・・ というご相談がありました。 コップとストローでは、飲み方が全く違うので、 どんな飲み物もストローで飲んでいる子に、 コップ飲みを上手にさせるのは、ちょっと苦労するかもしれません。 が、根気とやる気さえあれば、もちろんできるようになるので、 がんばりましょ~! 器は小さい方が飲みやすいので、 はじめは「おちょこ」

元気なお口の育て方.png

一冊  1,000円

(税込/送料別)

お母さんたちから受ける相談をもとに、むし歯のこと、離乳食の食べさせ方のことなど25のコラムを一冊にまとめました。離乳期の赤ちゃんにとって、ほんとに大切なこと、伝えたいことばかりです。是非、読んでいただいて、今後の子育てに役立てていただけたら、とても嬉しく思います。
​まとめて10冊以上ご注文いただきますとどこでも出張して「健口づくり教室(60分)」をさせていただきます。
〒453-0041
名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1
地域資源長屋なかむら 
はねっと
代表 中村和子
nakamura.hanetto@gmail.com