大事なのは、スプーンをのせる位置です! 

保健センターの栄養士さんから、

舌の上にスプーンをのせて、赤ちゃんが口を閉じたらスプーンをまっすぐ引く

と離乳食教室で指導していますが、だめですか・・・」

という、ご質問をいただきました。


離乳食を食べさせる時のポイントは、スプーンをまっすぐ引くかどうかよりも、

スプーンをのせる位置の方が大事

と、私は思っています。


食べものをスプーンの先に少しだけのせて、

下唇の上にのせる!


私のこれまでの経験では、

このようにして食べさせてみると、


ずっと口を開けたまま待っている児、(中に入れてくれるまで?)

スプーンを握って、自分で口の中へ入れようとする児、(早く食べたいから?)

泣き出す児(中に入れてくれないから?)


スプーンの先を下くちびるの上においたら、

赤ちゃんはどうするか・・・


ぜひ、やってみてください!

閲覧数:147回0件のコメント

最新記事

すべて表示

天白児童館で令和3年度から始まった、 0歳児向けのイベント「あかちゃんタイム」(年9回)に参加してきました。 今回のメイン内容は食育講座で、 担当されたのは「テーブル悠」さん。 お話しの内容を、要約しますと… 赤ちゃんの栄養で大事なのは、「炭水化物とタンパク質」 炭水化物がないと赤ちゃんは大きくなれないので、これが一番大事。 そして、タンパク質としては「豆腐としらす干しが万能食材!」 プラス、季節