「口腔崩壊」の子へ!

最終更新: 5月5日

小学生のお子さんがいるママから、情報をいただきました。



もし、目の前に、こんなにひどいむし歯の子どもがいたら、

私なら「毎日、何を飲んでいるの?」と訊きます。


10本以上もむし歯があって、そのむし歯が形がないほどひどい状態なら、

その子は、おそらく、毎日、ジュースか炭酸飲料かスポーツ飲料か・・・

要するに、水かお茶以外の飲み物を、日常的に飲んでいると思うからです。


ほとんどの清涼飲料水は、「酸性」がとても強いので、

 (歯が溶けるPH5.5より、ずっと低い、PH2~4)

生えたばかりの乳歯や永久歯、むし歯になっているような弱い歯は、

歯の表面がどんどん溶かされてしまいます。


だから、今日から、

飲み物は「水かお茶」だけにすること!


そして、

「フッ素」が入った歯みがき剤で磨くこと!!


 みがき方は何も気にしなくていいから、

 きれいに磨けなくても全然いいから、

 箱のどこかに「フッ素」って書いてあれば、

 安い歯みがき剤でかまわないから、

 1日に3回、歯ブラシに1㎝くらいつけて磨いたら、うがいは1回だけ!! 

 

これなら、小学生の子も、今日から自分でできるよね~🙋


これができたら、これ以上ひどくならないし、

これから生えてくる永久歯は、自分で守れるよ!


がんばれ~~~(^o^)/



最新記事

すべて表示

「4歳児ブドウ詰まらせ死亡」記事を読んで思うこと。

4歳児がブドウを喉に詰まらせて亡くなった、という事故があり、 このような記事を読みました。 このことで、また、幼稚園や保育園の給食で出される食材が減り、 何でも小さく切って出される・・・ このような事故は、あってはならないこと! だからこそ、 子どもの「よく噛んで食べる」という能力を、 離乳期(1歳6か月頃まで)に、 引き出して、学習させて、身につけさせることが、 すごく大事になる、と私は思います

元気なお口の育て方.png

一冊  1,000円

(税込/送料別)

お母さんたちから受ける相談をもとに、むし歯のこと、離乳食の食べさせ方のことなど25のコラムを一冊にまとめました。離乳期の赤ちゃんにとって、ほんとに大切なこと、伝えたいことばかりです。是非、読んでいただいて、今後の子育てに役立てていただけたら、とても嬉しく思います。
​まとめて10冊以上ご注文いただきますとどこでも出張して「健口づくり教室(60分)」をさせていただきます。
〒453-0041
名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1
地域資源長屋なかむら 
はねっと
代表 中村和子
nakamura.hanetto@gmail.com