黙々と食べる1歳8か月児。

最終更新: 2019年5月7日


北海道にいる孫は、1才8ヶ月になりました。

黙々と食べる、見事な食べっぷりを見てやってください!


まだ手づかみですが、ミニトマトも手羽先も、前歯を上手に使って食べています。

かぶりつく時に前歯だけでなく口唇も一緒に使っているので、食べこぼしがほとんどありません。ミニトマト は 汁を飛ばしていますが、これは、むしろ、このサイズをこのまま一口で入れようとしない、とても安全な食べ方です!


1分50秒くらいのところで、「ぽきっ!」と骨が折れる音がするのですが、その骨を口からポロリと出すので… お見逃しなく~


離乳期は1才6ヵ月までです。

それまでに、口唇も舌も歯も発達に合わせてちゃんと使っていけば、離乳期を終えた頃には、もう大人と同じ物が自分で食べれるようになるんです😁



78回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「4歳児ブドウ詰まらせ死亡」記事を読んで思うこと。

4歳児がブドウを喉に詰まらせて亡くなった、という事故があり、 このような記事を読みました。 このことで、また、幼稚園や保育園の給食で出される食材が減り、 何でも小さく切って出される・・・ このような事故は、あってはならないこと! だからこそ、 「よく噛んで食べる」という能力を、 離乳期(1歳6か月頃まで)に、 引き出して、学習させて、身につけておくことが、 すごく大事になる、と私は思います。 記事