咀嚼を促す「ゴム乳首」!

最終更新: 5月5日

赤ちゃんにとって、母乳は一番です。


でも、哺乳瓶でミルクをあげないといけないことも、あるかもしれません。


そんな時、赤ちゃんに使うゴム乳首は、

「雪印ビーンスタークニプル」、これがいいと思います!


このゴム乳首は、坂下玲子先生が研究開発されたものです。


坂下先生は看護学の教授でいらっしゃいますが、

赤ちゃんから高齢者までの口腔保健について、いろいろ研究されてみえます。

そのサイトは、こちらです!

http://okuchigenki.com/babyhood/index.html


坂下先生の著書などによると、

母乳を飲んでいる時の赤ちゃんの口は、あごが上下に活発に動いて、咀嚼筋を非常によく使う。ところが、哺乳瓶に慣れた赤ちゃんの口は、吸引型の哺乳パターンになってしまい、あごの動きや咀嚼活動は消えていってしまう。


このゴム乳首には内に弁がついていて、乳首を吸っているだけではミルクは出てこないが、かむことによってミルクが口の中へ押し出されるよう設計されている。


ということで、ゴム乳首を選ぶなら、母乳と同じように咀嚼する口を促す、

「雪印ビーンスタークニプル」を、私はおススメします!



今まで、他のゴム乳首を使っていた赤ちゃんにとっては、

「どんなに吸っても、ミルク出てこないよ~~」 って、

大泣きになるのでしょうか・・・


このゴム乳首は、アゴを上下に動かさないとミルクは出てこないから、

頑張って~~~!!!



ぜひ、このゴム乳首に変えてみたご感想など、教えてくださいなぁ~(^o^)/








40回の閲覧

最新記事

すべて表示

「4歳児ブドウ詰まらせ死亡」記事を読んで思うこと。

4歳児がブドウを喉に詰まらせて亡くなった、という事故があり、 このような記事を読みました。 このことで、また、幼稚園や保育園の給食で出される食材が減り、 何でも小さく切って出される・・・ このような事故は、あってはならないこと! だからこそ、 子どもの「よく噛んで食べる」という能力を、 離乳期(1歳6か月頃まで)に、 引き出して、学習させて、身につけさせることが、 すごく大事になる、と私は思います

元気なお口の育て方.png

一冊  1,000円

(税込/送料別)

お母さんたちから受ける相談をもとに、むし歯のこと、離乳食の食べさせ方のことなど25のコラムを一冊にまとめました。離乳期の赤ちゃんにとって、ほんとに大切なこと、伝えたいことばかりです。是非、読んでいただいて、今後の子育てに役立てていただけたら、とても嬉しく思います。
​まとめて10冊以上ご注文いただきますとどこでも出張して「健口づくり教室(60分)」をさせていただきます。
〒453-0041
名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1
地域資源長屋なかむら 
はねっと
代表 中村和子
nakamura.hanetto@gmail.com